アシビルDTは通販で購入することができます。

アシビルDTを入手するには

効果的にヘルペスウイルスの増殖を抑え、症状を治療してくれるアシビルDT。

服用回数が多いのが少々手間ですが、その効果は確かなものなので、アシビルDTを試してみたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アシビルDTを手に入れるためにはどのような方法があるのか、ご説明いたします。

病院処方について

ヘルペスウイルスの症状を治療してくれるアシビルDTは病院で処方してもらうことはできません。

なぜならアシビルDTは日本では未承認医薬品であるからです。

アシビルDTの先発薬であるゾビラックスであれば病院で処方してもらうことができます。

医薬品にはさまざまな種類がありますが、ゾビラックスは医師の処方箋が必要な薬に分類されています。

専門の医師に症状を相談し、診察を受けたうえでゾビラックスを処方してもらうことができるので、安心してゾビラックスを服用することができます。

また、処方してもらうときに薬についての説明を受けることができるので、どういった飲み方をすればいいのか、どういった点に気をつければいいのかを知ることができます。

確実に本物のゾビラックスを手に入れられるので、そういった面でも安心感があります。

自分自身が飲むものだからこそ、安心して使うことができるものを使いたいという方は、病院で処方してもらう方法をオススメします。

専門の医師に相談したうえでゾビラックスを処方してもらい、ヘルペスウイルスが引き起こす症状を治療しましょう。

個人輸入で入手する

アシビルDTを購入する方法として、個人輸入代行サービスの利用が挙げられます。

個人輸入代行サービスとは、簡単に言えば海外製の医薬品を専門に取り扱う通販サービスのこと。

海外から輸入した医薬品のみをネット販売しているので、たとえば日本国内で処方箋医薬品に指定されているものも処方箋なしで購入することができます。

また、本来なら輸入には特別な手続きを要しますが、これについては代行業者が代わりに行ってくれるので、私たちが何かしらの手続きをする必要はありません。

日本の薬事法では、個人が利用する目的であれば、海外から医薬品を輸入することが合法的に認められています。もともとこれは、海外で治療を受けていた患者が、帰国後も同じ海外製の医薬品を用いて治療を続けられるように定められたものです。

“海外から医薬品を輸入する”とだけ聞くと危険なニオイがするかもしれませんが、違法性はないので安心してください。

ただし、第三者に購入した医薬品を横流ししたり、不要になったからといって身近な人に譲ったりすることは禁止されているので、その点に注意したうえで利用する必要があります。

個人輸入のメリットとデメリット

多岐にわたる種類の医薬品を取り扱っている個人輸入代行サービスは、私たちにとってたいへん便利なものです。

たとえば、これまで医療機関に足を運んで処方してもらっていた医薬品も、このサービスを利用すれば自宅から出ることなく手軽にネット注文・購入することができます。

通院する日時を決めたり高い治療費を用意したりする必要がないので、少ない負担で医薬品を手にすることが可能です。

そのほか、自分で好きな医薬品を選んで購入できる点もポイント。

友人から勧められた医薬品を購入したい、安い価格の医薬品を購入したいといったときに便利です。

しかし、個人輸入代行サービスの利用にはデメリットがある点も留意しておく必要があります。

たとえば、自分で好きな医薬品を購入できる点はメリットですが、裏を返せば病気・症状に適した医薬品を自己判断で正しく選ばなければいけないというデメリットにもなります。

万が一購入する医薬品を誤ったりその医薬品を使用してしまったりしても、誰も責任をとってはくれません。

そして、この点において特に注意しなければいけないのが、悪徳業者が販売する偽造品の存在です。

偽造品は残念ながらネット上で確認されており、それを誤って使用してしまうと本来の治療をするどころか、むしろ心身に多大な悪影響が及ぶ危険性があります。

また、海外からの輸入ということで、商品が手元に届くまでに日数がかかる点もデメリットとして挙げられます。

場合によっては1~2週間ほどかかることもあるので、急を要する場合に不向きな購入方法といえるでしょう。

優良業者が運営している通販サイトの見分け方

個人輸入代行サービスを利用して医薬品をネット購入する際は、安全性に十分な注意を払ったうえで利用する必要があります。

しかし、初めて医薬品をネット注文する方は特に、信頼できる優良業者がどれなのかを判別することが難しいのではないかと思います。

優良業者か否かを判断する基準のひとつとして、サイト内に成分鑑定書のような正規品であることを示すものが掲載されているかどうかが挙げられます。

たとえば『お薬110番』というサイトを見ていただくとわかりやすいのですが、このサイトでは各商品ページに成分鑑定書を掲載しています。これをチェックすれば、そのサイトが正規品のみを取り扱っている優良業者かどうかを判断することができます。

そのほか、全国のユーザーから優良業者だと高く評価されているサイトのみをまとめた情報サイトもあります。そちらで紹介されているサイトを利用する、というのもひとつの方法です。