ヘルペスの治療薬をご紹介します

バルトレックス

ヘルペス治療に効果的な医薬品は、何もアシビルDTだけではありません。

もしも体質的にアシビルDTが合わない場合、アシビルDTの服用では満足に効果が得られなかった場合は、ほかの

ヘルペス治療薬にシフトすることを考える必要があるでしょう。

ここでは有名なヘルペス治療薬として、「バルトレックス」「バルクロビル」「アシビルクリーム」「バルシビル」をピックアップして紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

バルトレックスは、バラシクロビルを有効成分として含有する抗ウイルス薬です。

体内に感染したヘルペスウイルスは、DNAの複製を繰り返し行うことで増殖していきます。その結果、症状がいつまで経っても治まらなかったり重症化したりします。

バラシクロビルにはウイルスのDNAの複製を阻害するはたらきがあり、これによって増殖を抑え、症状を鎮めます。

アシビルDTと並ぶ代表的なヘルペス治療薬であり、ヘルペス治療を行う際に多くの医療機関が用いています。

また、安価で手に入るジェネリック医薬品が多く開発されているのもポイント。

バルトレックスの使用による不都合がなく、ヘルペス治療にかかる出費を節約したい方はそちらもチェックしてみてください。

バルクロビル

バルクロビルはインドの製薬会社であるヒーリングファーマー社が開発した、バルトレックスのジェネリック医薬品です。

日本で認可されていない海外製医薬品であるため、個人輸入代行サービスを利用して購入する必要があります。

バルトレックスと同じバラシクロビルを有効成分として含有しており、体内に感染しているヘルペスウイルスの増殖を防ぐことで症状を鎮めます。

口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹、水痘に効果を発揮するほか、性器ヘルペスが再発することを予防するのにも役立ちます。

単純ヘルペスウイルスを治療する場合は1日に2回、500mg錠を1錠ずつ服用します。

水痘・帯状疱疹ウイルスを治療する場合は1日に3回、500mg錠を2錠ずつ服用します。

このように、治療したい症状によって服用方法が異なる点に要注意。

また、効果が実感できない場合は、医師に相談したうえで今後の使用をどうするか考えるようにしてください。自己判断で服用量を増やしてしまうと、重篤な副作用を引き起こすリスクが高まります。

バルシビル

バルシビルは、バルトレックスのジェネリック医薬品として開発された抗ウイルス薬です。

製造会社は、インドを代表する製薬会社のひとつであるシプラ社。この会社は抗ウイルス薬だけでなく、抗生物質や関節炎薬、心疾患薬など多岐にわたる種類の医薬品を手がけており、そのいずれもが高い有効性、安全性を誇ります。

新薬であるバルトレックスが名実ともに優れたヘルペス治療薬である点、開発した製薬会社が信頼できる点などから、バルシビルは世界的に高い人気を獲得しています。

バルトレックスと同じく、バラシクロビルを有効成分として含有しています。

バラシクロビルにはウイルスのDNA複製を阻害するはたらきがあり、これによって体内に感染したヘルペスウイルスの増殖を防ぎ、症状を緩和します。特にウイルスがそこまで増殖していない発症初期であれば、よりいっそうの効果が期待できます。

口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹など、ヘルペスウイルスの感染を原因とする症状に効果を発揮します。

また、新薬よりも少ないコストで開発されていることから、バルトレックスよりも安価で購入できる点もポイントです。

バルトレックス500mg錠の1錠あたりの相場価格が約400円であるのに比べて、バルシビル500mg錠は1錠あたり約200円で購入できます。

ヘルペス治療にかかる出費を少しでも抑えたい方におすすめです。

アシビルクリーム

アシビルクリームは、インドを代表する製薬会社のひとつであるシプラ社が開発した抗ウイルス薬です。

ゾビラックスのジェネリック医薬品として開発されているので、有効成分にはゾビラックスと同じアシクロビルが用いられています。

有効成分が同一であることから、必然的にヘルペス治療における有効性や安全性もゾビラックスと大差ありません。

新薬であるゾビラックスとの大きな違いは、外用薬であること。

患部に適量塗布することで有効成分が体内に浸透し、ヘルペスウイルスの増殖を防ぎます。

ゾビラックスのような経口薬の服用が苦手な方も扱いやすい点がポイントです。

また、副作用として皮膚のかゆみや痛みが報告されていますが、発症するリスクは極めて低く、また発症したとしても軽度であることがほとんど。数日で自然に治まるケースが多いので、安心して使用できます。

ただし、塗布した直後からすぐに効果が現れるわけではないという点に注意する必要があります。数日間、継続的に使用することで初めて効果を発揮するので、1~2日で使用を中断しないようにしてください。

また、薬剤が洗い流されてしまう可能性があるので、完全に浸透するまでは入浴を控えることをおすすめします。