アシビルDTの効果と副作用についてわかりやすく解説します

アシビルDTの効果

アシビルDTは、有効成分であるアシクロビルの作用によって、ヘルペスウイルスが体内で増殖するのを抑える効果があります。

抗ウイルス薬なのでヘルペスウイルスを死滅させる効果があると思ってしまいがちですが、あくまでも原因となるヘルペスウイルスの活動を抑えるだけです。

抗生物質のように、原因となる病原菌を死滅させることはできないので、抗生物質の作用と混同しないように注意しましょう。

ヘルペスウイルスは構造上、細胞分裂をして自力で増殖することができません。

体内で増殖するためには宿主の細胞を利用する必要があり、宿主の細胞内に入り込んで、自分のDNAを複製させることで増殖します。

ヘルペスウイルスが増えると症状が現れるので、増殖を抑えることができれば、症状も一緒に抑えることができます。

アシビルDTは、ヘルペスウイルスが増殖する際に必要になる物質に作用することで、ヘルペスウイルスの増殖を抑えます。

ヘルペスウイルスにはさまざまな種類がありますが、アシビルDTが効果を発揮するのは単純ヘルペスウイルスのHSV-1、HSV-2の二つと水疱・帯状疱疹ウイルスです。

これらのウイルスの増殖を抑えて活動を停止させることで退治するのがアシビルDTの効果です。

アシビルDTの作用機序

効果的にヘルペスウイルスの増殖を抑えてくれるアシビルDTですが、その効果はどのようにして発揮されるのでしょうか。

安心して医薬品を使うためには、その医薬品について少しでも多くのことを知っておくのが大切です。

そのため、アシビルDTの効果だけでなく、作用機序についても知っておきたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ヘルペスウイルスが宿主の細胞を利用して増殖するためには、自分の遺伝情報が刻まれたDNA、つまりウイルスDNAを複製する必要があります。

DNAの複製にはDNAポリメラーゼという酵素が必要なので、この酵素の働きを阻害することができれば、ヘルペスウイルスの増殖を抑えることができます。

アシビルDTは、DNAポリメラーゼの基質の一つと拮抗することで、DNAポリメラーゼの働きを阻害します。

また、ヘルペスウイルスのDNAポリメラーゼの基質として、ウイルスDNAの末端に取り込まれると、ウイルスDNA鎖の伸長を阻害する作用も持っています。

ウイルスDNA鎖の伸長が止まると、DNA合成そのものができなくなり、ヘルペスウイルスが体内で増殖するのを抑えることができます。

アシビルDTの作用機序はこのようになっており、二つの作用によって抗ウイルス作用を発揮して、ヘルペスウイルスが引き起こすさまざまな症状を抑えます。

アシビルDTの特徴

医薬品にはそれぞれ特徴がありますが、アシビルDTにはどのような特徴があるのでしょうか。

アシビルDTの特徴として、真っ先に挙げられるのが「ヘルペスウイルスにのみ作用する」という点です。

この薬はヘルペスウイルスに対して高い効果を発揮しますが、DNAの複製に必要な酵素に働きかけるので、人体に何らかの影響を与えるのではないかと不安に思う方もいらっしゃると思います。

しかし、ウイルスにはウイルスのDNAポリメラーゼがあるように、人間には人間のDNAポリメラーゼがあります。

アシビルDTはウイルスのDNAポリメラーゼにのみ作用するように作られているので、人間のDNAポリメラーゼには何の影響も与えません。

つまり、体には悪影響を与えず、確実にヘルペスウイルスにのみ作用するため、人体への影響が心配な方も安心して使うことができます。

また、アシビルDTには、ほかにも「さまざまな形状で作られている」という特徴もあります。

内服薬と外用薬の2つに大きく分けることができ、そこからさらに形状別にして細かい種類に分けることができます。

症状に合わせて薬のタイプを選ぶこともできますし、アシビルDTを使う本人が使いやすいと感じるタイプを選ぶことも可能です。

アシビルDTの主な副作用

アシビルDTは効果が高い薬といえるので、副作用が気になる方もいらっしゃることでしょう。

どんな医薬品にも副作用は必ず存在し、正しく薬を使うためにも、どのような副作用があるのか知っておく必要があります。

効果が高い医薬品の場合、副作用が多かったり、重い症状が副作用として現れたりする可能性があるので、どのような副作用があるのかを知らずに使うのは少々不安に思うことでしょう。

実際にアシビルDTを服用してヘルペスウイルスの活動を抑える前に、アシビルDTにはどのような副作用が報告されているのか、しっかり確認しておきましょう。

アシビルDTの副作用は、大きく分けて軽いものと重いものの2種類があります。

軽い副作用では腹痛や下痢、吐き気などの胃腸症状や、貧血、過敏症などがあります。

過敏症として報告されている症状は非常に多彩で、発疹や紅斑、蕁麻疹、かゆみから始まり、発熱、固定薬疹、光線過敏症、水疱などがここに含まれます。

また、副作用として報告されているのはこれらの症状だけでなく、頭痛やめまい、眠気といった症状が現れる場合もあります。

もし、アシビルDTを服用したあとにこれらの症状を感じた場合は、副作用が現れている可能性を疑いましょう。

これらの症状だけでなく、顆粒球減少や白血球・好酸球増多、肝腫大などの症状がみられる場合もあるので、こちらの副作用にも注意しましょう。

さまざまな抗ウイルス薬の中で、アシビルDTは比較的副作用が少ないほうであるといえます。

正しい服用方法で使っていれば、副作用に悩まされたりすることもほとんどないでしょう。

しかし、過量になるとさまざまな精神・神経症状が出やすくなるという点もあるので、気をつけなくてはなりません。

アシビルDTを服用してから何らかの症状に悩まされるようになったり、副作用と思われる症状がつらいと感じたりしたときは、速やかにかかりつけの医師に相談することをオススメします。

アシビルDTの重い副作用

アシビルDTは正しい方法で使っていれば、重い副作用を感じることはほぼありません。

しかし、可能性が全くないわけではなく、場合によっては重い副作用が現れることもあるので油断は禁物です。

安全にアシビルDTを使うためにも、そして重い副作用が現れたときにすぐに気付けるようにするためにも、重い副作用としてどのような症状が報告されているのか知っておきましょう。

アシビルDTの重い副作用として報告されている症状は、急性腎不全やアナフィラキシーショック、重度の血液成分の異常です。

妄想やもうろう状態、混乱、興奮状態といった重い精神・神経症状が現れる場合もあるので、覚えておきましょう。

ほかにも発疹や唇・口内のただれをはじめとした重度の皮膚症状や粘膜障害、間質性肺炎といった症状も重い副作用として報告されています。

無呼吸や呼吸抑制など、呼吸器系にも症状が現れたと報告されているので、こちらの症状にも注意が必要です。

重度の副作用の中で、特に気をつけたいものが肝機能障害です。

肝臓に重い症状が現れると、倦怠感や食欲不振、吐き気や発熱などの症状が初期症状として現れます。

皮膚や白目が黄色く変化したり、尿が茶褐色になったりすると、肝臓に何らかの異常が現れている可能性が高いので、速やかにかかりつけの医師に相談しましょう。

アシビルDTで重い副作用が現れた場合、さまざまな初期症状がサインとして現れます。

たとえばアナフィラキシーショックの場合、気持ち悪さや冷や汗、顔面蒼白、手足の冷えやしびれなどが現れます。

重い副作用の初期症状を感じたときは、気のせいだと考えたりせず、アシビルDTの服用を一度中断し、速やかに病院で診察を受けましょう。