ヘルペスにはアシビルDTがオススメ

アシビルDTとは

アシビルDTとは、インドに本社を置くシプラ社から販売されているゾビラックスのジェネリック薬です。

ヘルペスウイルスの増殖を抑える作用があり、単純ヘルペスウイルス及び水痘・帯状疱疹ウイルスなどに対して効果を発揮します。

主に単純ヘルペスウイルスが引き起こす感染症の治療や、骨髄移植時における症状の発症の抑制などに使われています。

また、水痘や帯状疱疹の治療にも使われており、注射薬はこれらのウイルスによる脳炎や髄膜炎にも効果を発揮します。

内服薬と外用薬、注射薬が作られており、そこからさらに錠剤や顆粒剤、クリーム剤など、さまざまな形状で作られています。

そのため、ウイルス感染症治療薬の中でも、薬のタイプがかなり豊富であるといえます。

アシビルDTの製造元であるシプラ社について

アシビルDTの先発薬であるゾビラックスを製造・販売しているのはグラクソ・スミスクライン社です。

有効成分を開発したのはバローズ・ウェルカム研究所という場所で、アメリカの生化学者によって開発されました。

グラクソ・スミスクライン社はイギリスに本社を置く製薬会社で、日本でも多くの人に知られています。

そのゾビラックスのジェネリック薬であるアシビルDTを製造しているのがシプラ社です。

シプラ社はインドに本社を置く製薬会社でインド国内において最大規模の医薬品メーカーになります。

エイズ治療薬の世界シェアが40%を超えるほどのグローバル製薬会社です。

また、アジーやフィンペシアといった性病治療薬やAGA治療薬のジェネリック薬で有名な商品も数多く製造しています。

ヘルペスウイルスに悩まされているという方や、優秀な治療薬を探しているという方は、ぜひ信頼性の高いシプラ社が製造したアシビルDTを試してみることをオススメします。

アシビルDTの有効成分

一口にウイルス感染症の治療薬といっても、使われている成分はさまざまなものがあります。

アシビルDTにはどのような成分が使われているのか、詳しく知っておきたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アシビルDTに含まれている有効成分はアシクロビルという成分で、ヘルペスウイルスの増殖を抑える作用があります。

この作用によってヘルペスウイルスが体内で増えるのを抑え、症状が悪化するのを防ぐ効果があります。

>アシビルDTの通販

アシクロビル

ウイルスはDNAの周りを細胞膜で包んだだけという、非常にシンプルな構造をしています。

自力で増殖することができないため、健康な細胞の中に入り込んでウイルスのDNAを複製させることで増殖します。

DNAを合成するためにはDNAポリメラーゼという酵素が必要で、ヘルペスウイルスもこのような仕組みで増えていきます。

アシビルDTに含まれているアシクロビルは、ウイルスに感染した細胞に入り込むことで活性化します。

活性化すると、ウイルスのDNAポリメラーゼの働きを阻害し、ヘルペスウイルスのDNA合成を抑えて増殖できない状態にします。

ウイルスのDNAポリメラーゼのみに作用するように作られているため、人間のDNAポリメラーゼには影響を与えないのが特徴です。

アシビルDTとバルトレックスを比較

ウイルスはDNAの周りを細胞膜で包んだだけという、非常にシンプルな構造をしています。

自力で増殖することができないため、健康な細胞の中に入り込んでウイルスのDNAを複製させることで増殖します。

DNAを合成するためにはDNAポリメラーゼという酵素が必要で、ヘルペスウイルスもこのような仕組みで増えていきます。

アシビルDTに含まれているアシクロビルは、ウイルスに感染した細胞に入り込むことで活性化します。

活性化すると、ウイルスのDNAポリメラーゼの働きを阻害し、ヘルペスウイルスのDNA合成を抑えて増殖できない状態にします。

ウイルスのDNAポリメラーゼのみに作用するように作られているため、人間のDNAポリメラーゼには影響を与えないのが特徴です。

優れている面

アシビルDTとバルトレックスにはさまざまな違いがありますが、その中の一つに「種類」があります。

バルトレックスは薬の種類があまり作られておらず、錠剤と顆粒の2種類しかありません。

どちらも内服薬タイプなので、内服薬以外の種類を選ぶことができません。

これに対し、アシビルDTは錠剤と顆粒はもちろん、注射薬や軟膏、クリーム、さらには眼軟膏も作られています。

内服薬だけでなく外用薬でもさまざまな種類が作られているので、症状に合わせて適した種類のものを選ぶことができるのが、アシビルDTの大きな特徴です。

そのため、ヘルペスウイルスが引き起こす脳炎や髄膜炎、角膜炎などの症状にも使うことができ、治療できる症状の幅が広いといえるでしょう。

また、アシビルDTはバルトレックスよりも薬価が安いという魅力があります。

抗ウイルス薬はしっかり服用を続けなくてはいけない薬ですが、ヘルペスウイルスに対して効果があるものは薬価が高いものが多いので、薬価の安さはアシビルDTの優れた点の一つといえます。

このように、アシビルDTとバルトレックスを比べた場合、薬の種類の豊富さや薬価の安さという面で、アシビルDTのほうが優れているといえます。

劣っている面

アシビルDTとバルトレックスを比べた場合、アシビルDTのほうが優れているといえる点がありますが、反対にバルトレックスよりも劣っている点もあります。

アシビルDTとバルトレックスの違いをより詳しく知るためにも、バルトレックスよりも劣っているといえる点も知っておきましょう。

アシビルDTがバルトレックスよりも劣っているといえる点の中で、もっとも大きなものが「吸収効率の違い」です。

実はアシビルDTは吸収効率が悪く、1日数回に分けて服用しなければ十分な効果を発揮しないというデメリットがあります。

これに対し、バルトレックスはアシビルDTにL-バリンという物質を加えることで、吸収効率を改善しています。

大人が服用する場合でも、子供が服用する場合でも、服用回数が少なくて済むように作られているので、飲み忘れる可能性が低くなっています。

1日の服用回数が多いと、どこかで飲み忘れが起きるのではないかと不安になってしまいますが、バルトレックスはその心配をせずに使えるようになっています。

また、服用回数が少なくなるということは、副作用のリスクも減るということなので、ここもバルトレックスがアシビルDTよりも優れている点といえるでしょう。

このように、アシビルDTは「吸収効率の違い」や「飲み忘れや副作用のリスク」という点で、バルトレックスよりも劣っているといえます。